シームレス

昔はセーターを編むと言えば、裾から肩へ向かって前後それぞれを編み、袖も二本編んで、最後に四つのパーツを縫い合わせるのが普通だったけれど・・・
最近は、完全シームレスが主流の手編みニットの世界。

これが、慣れてしまうともう昔の縫い合わせるオーソドックスな方法はできるだけ回避したいと思ってしまう。
糸始末は意外と好きな方なのだけど、縫い合わせる始末に限っては、あまり好きではない。正直なところ・・・

シームレスだと着ている本人も縫い目がなくて気持ちがいいし、作り手にとっても楽ちん。
そして見た目が非常に綺麗。

テロの直後、何も手につかない中、編み物だけははかどりました。
無心になれる一時が、私にとっては編み物かミシン。
ミシンは、縫っている時は無心になれるのだけど、それまでの過程がその気にならないと乗れなくて、この時はミシンに向かうことができませんでした。

その時編んだ一枚がこの息子のセーター。
何もない、本当にシンプルなプル。
本来首回りもあるパターンなのだけど、今回編みっぱなしにしました。
ドログリーのこの糸は柔かくて水通しするとふわふわになる。
色の展開もすごくて、素敵な色が沢山あるのだけど、やっぱり私のクローゼットには地味な色しかないのだなぁ・・・

ただ、目があまり揃わない糸だから、編んでいる時はあまり気持ちが乗らない糸かもしれません。
水通しすると驚くほど綺麗になるんだけど。

息子が手編みセーター好きでよかった。
これで「着ない」なんて言われたら・・・泣くよ。

c0137497_20294031.jpg
c0137497_20284234.jpg



[PR]
by luceannejulie | 2015-12-11 20:31 | ハンドメイド
<< 今年最後のリフォーム 突発疹?! >>