ブロカント

5月のフランス、毎週末はどこかで必ずブロカントが開かれています。
でも、花粉が一番猛威を振るう時期でもあるので、さぁ!でかけるぞーという気持ちになれないのですが、近場の時はできるだけ頑張って足を運ぶようにしています。

いくつも回ってもなーんにも掘り出し物が見つからない時もあるけれど、この日曜日は嬉しい出会いがいくつもありました。
ブロカントでの鉄則は、安いものしか買わない。
どうしても欲しいものでも、最高値を決めてから・・・
そんなこんなで我が家の場合、10Eを越えたら高いー!になります。
まぁ、大抵1~2Eの世界です。^^

細々と集めている、乳白色の食器たちは、毎日の食器として本当に大活躍で、でも、床がタイルなのでやはりどんなに丈夫とは言っても、落とせば大抵割れてしまいます。そんなわけで、いくつあっても困らない♪
真っ白のより、少し透明がかったものの方が好みです。

左の青い模様のものは、無料でお譲りします・・・という箱に入っていたけれど、なんだか申し訳なさすぎて50セント渡しました。(少なすぎじゃ?!)
左から二番目の緑のものはアメリカのファイヤーキングとそっくりな素材なのですが、フランスのもの。まったく同じものを以前やはりブロカントでおばあさんから譲っていただいて持っていたので、今回同じものと出会えて嬉しい!これは二客で1E。
一番右のものは全部で2E。
他にも真っ白の小皿4枚セットを50セントで譲ってもらいました。

はぁ・・・楽しい。

いつも「これおいくら?」って聞いて、相手がしばらく「うーん」って考えてる沈黙の瞬間がドキドキするのですが、え?そんな安くて本当にいいの?って思うような時は嬉しくて、でも半分申し訳ない感じ。
でも、皆が皆安いわけではなくて、「え?!高すぎでしょっ?」ってこともよくあります。

c0137497_21134486.jpg
そして、こちらの鏡。

c0137497_21244464.jpg

今の家の前の家主さんが置いていってくれた鍵をかけておくものが玄関にあるのだけれど、実はこれ私のとっても気に入っているものの一つで、それに合うなーと思って・・・
でも、何となく高そうで、オットと「せいぜい10Eでしょう。でもできたら7Eにまけてもらおう」って事前に相談。
ドキドキしながら聞いたら、売主の彼女もやはり「うーん」って考えて・・・
「3Eね」・・・

あ。いいの?そんなに安くて、ほんとにいいの?


というわけで即行お買い上げしました。

c0137497_21261463.jpg


今回のブロカントは以前住んでいた家のすぐ近くの村での開催だったので、その後以前の家も見に行ってきました。
ぜーんぜん変わってなかった。
そりゃそうか・・・まだ1年経ってないものね。
懐かしいという気持ちはあったけれど、戻りたいとは思わず。
今の村の生活がとっても気に入っているのでそう思うのだなぁ・・・と一人思いました。




[PR]
by luceannejulie | 2015-06-08 21:28 | 日々の泡
<< トニーのサプライズパーティ 初めての母の日プレゼント >>