フランス語版 ソーイングポシェ

週末、いつものように一週間の買出しに出かけたついでに、オットが会計中、ささっと本屋さんへ(キオスクみたいなところ。本屋とは言えない・・・)行ったら、こんなものが出ていました。

c0137497_05130172.jpg
フランス語版、ソーイングポシェです。
coudreという洋裁の雑誌の号外みたいな形で出るのです。
日本語版と中身は同じ。でも欧米式、左から始まります。
同じなのになんで買ったの?と長女に言われました。
確かに・・・でも、

ママの大好きな人が載ってるからね。

そういえば、日本語版を購入した後、すぐに同じ生地を取り寄せて、母にはるばる日本から送ってもらい、せっせと縫ったこのズボン。
沢山履いたから、ちょっと色あせてきましたが、まだこの秋も着れそう。

新居を買った時に、前の家主さんから譲って頂いた家具がいくつもあるのだけど、その中でも一番くらいに気に入っている大きな大きな古い箪笥。
その箪笥の内側に貼ってある紙が、よく雰囲気が似ているのです。
古きよきフランス。
その家具は、50代の家主さんのお婆様の代からあったものだそうで、本当に古いものなのです。
c0137497_05225539.jpg
息子と一緒に写すとこーんなに大きい!

c0137497_05254750.jpg
大好きなふーこさんのページはこんな感じ。


c0137497_05281581.jpg
c0137497_05300726.jpg

裏表紙も☆

c0137497_05312341.jpg


[PR]
by luceannejulie | 2014-09-29 05:33 | ハンドメイド
<< 屋根が全部塞がった日 大きくなるということ >>