トモダチ

ある日娘が夜ふと口にした。「あ~楽しかったな~。早く明日もやりたいな~」

なにが楽しかったの?と聞くと、お休み時間にお友達と鬼ごっこをやったことだという返事。

それなのに、翌日浮かない顔をしてバスから降りてきたのでした。

「A君が、L(娘)は足が遅いから、悪いんだけど一緒に遊べないよ。と言うの。だから今日はお休み時間がある度にずっと一人でぶらぶらしてたの」

心の奥がズキンって言った・・・
確かに聞こえたよ。お母さんの心の奥でね。

娘の親友のAちゃんは、幼稚園の時から娘のことが大好きで、今まで喧嘩をしたことすらなかったけれど、今回のことでどう反応してるのかなぁと思っていたところ、翌日、娘がにこにこの笑顔でバスから降りてきました。

「Aちゃんがね、「それなら速く走れるように練習しよう!」って言ってくれてね、お休み時間に走る練習してるの。そしたらね、足の速いA君を捕まえられたんだよ!」

あーよかったね・・・。
ほんとのトモダチがいてよかったね・・・。

このくらいの年頃の子供というのは、実はとても残酷なものです。どんなに仲の良い親友だって、こういう時に「練習しよう」と言ってくれる子は多くないはず。大切にして欲しいなと思いました。

今までズボンが嫌いで、できればいつもスカートやドレスを着たがる子だったのに、この日から「学校に行く時はできるだけレギンスとTシャツがいいな」ですって。
速く走れるそうです・・・いくらかは。笑

もうすぐ復活祭。
復活祭にちなんでうさぎ柄のコットンテイルでふーこさんの「リラックスワンピース」のシャーリングなしを縫いました。
本当はゴムをつけるつもりでいたのですが、娘からのリクエストでこのままがいいな♪というのでゴムなしで。シャーリングが入った方がかわいらしい感じに。なしだとシンプルで大人しい雰囲気になるかな。
庭のミラベルも満開です。
c0137497_753549.jpg

c0137497_76386.jpg
c0137497_772461.jpg

[PR]
by luceannejulie | 2014-04-02 07:09 | りんりん
<< 初めてのガールフレンド 電気工事 >>