<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

動物のいのち

ゆきちゃんが、昨日の午後から突然調子が悪くなりました。
昨日寝る時は、もう今晩が峠だろうと思ったけれど、今朝もまだ息をしていた。
でも、やはり助かりそうになさそうです。
うさぎは24時間以上の絶食はできないそうで、最後にご飯を食べたのは昨日のお昼。
もうすぐで24時間なのです。

水もほとんど飲まなくて、食べ物も全然食べてくれなくて・・・

飼い方にはどう考えても問題があったとは思えなく、でも、もしかしたら小屋の中で段差から滑り落ちた時に骨折でもしたのかも。
ストレスを感じやすいというけれど、ゆきちゃんは、自分から小屋を出て、部屋を駆け回るのが大好きだったし、小屋の中でも伸びきってリラックスしていることも多かった。
突然こうなってしまった本当の理由は分からないけれど、やっぱりうさぎを飼うのは思ってるほど簡単じゃないのだと痛感しました。

ゆきちゃんの前には3羽のうさぎを飼ったけれど、そのうちの1羽は数日で息絶えてしまった。
生き延びることができるのは半々くらいなのですね。

ゆきちゃんも可哀想で、見てるだけで胸が痛いのだけど、娘も可哀想で・・・
息子はまだいのちのことはまだよく分かってないみたい。
なんでさぁちゃんが泣いてるのか分かってない。

お返事しなくてはいけないメールがあるのにも拘らず、遅くなってしまってごめんなさい。
実は、月曜から息子が風邪で幼稚園をお休みしていて、PCに向かえず、夜はPCのある部屋で娘が寝ていたので(普段は息子と同室なのだけど)みんなが寝静まってからPCすることもできず。
そうかと思うと、昨日は日本語が打てなくなってしまって・・・夜オットが帰ってくるまでどうしようもない状態に・・・
そしてそして、今朝は、ゆきちゃんの様子を見ながら、明日学校へ持っていく、25個のカップケーキを焼かないといけない試練がありました。

喜んで頂けて嬉しいな。私こそいつもありがとう!という気持ちで一杯です。
娘さんも早く良くなって笑顔が戻りますように。


c0137497_19473257.jpg

[PR]
by luceannejulie | 2014-12-18 19:49 | ゆきちゃん

9歳

c0137497_07154772.jpg
12月12日、三女が9歳になりました。
ケーキでお祝いしたのは、家族みんなが揃う翌日の土曜日。
リクエストされたのはやっぱりショートケーキ。でも、肝心のいちごは売り場で既に腐りかけているような悲しいいちごで、仕方なしにフランボワーズとすぐりにしたのだけど、酸っぱいすぐりが生クリームにとても合っていたので、いちごじゃなかったけどよしとしましょう。
あまり上手に焼けなかったのだけど、クリームが隠してくれたからそれもOKだね。^^

新しいオーブンはまだまだ使いこなせていない証拠だなぁ・・・
修行です。
来週は、学校に持っていくケーキを焼く試練があることだし。

プレゼントは、昨年から引き続き大好きなLego friendsの新作。
パパが大のレゴっ子だったから、まぁ、レゴはいくつあっても何も言われない。^m^
それに、本当によくできているのです。

そういえば、長女が同じ年の頃、ハリーポッターのレゴにハマっていて、これもいろいろなシリーズを持っているけれど、それには全く関心を見せず。
いつか息子が遊ぶかもしれないと先日綺麗に屋根裏に片付けました。

三女が生まれた日はよく晴れた気持ちのよいとても寒い冬の日だったけれど、9歳のこの日はあいにくの雨。
あれからもう9年も経つのだね・・・




[PR]
by luceannejulie | 2014-12-14 07:18 | りんりん

ゆきちゃんがきた


週末のこと。
我が家に新しい家族が増えました。

以前飼っていたトトロという濃灰色のうさぎが亡くなってから、しばらく動物はいなかったのだけど・・・
三女が欲しがっていたのと、息子が無類の動物好きなのもあって、いろいろ考えた末。

土曜日、子供たちが学校と幼稚園に行っている短い間にお迎えに行ったのでした。
それぞれが帰ってくる度に驚く顔が面白くて!
実は一番びっくりしていたのは次女かも。

生後6~8週間とのことでまだまだ赤ちゃん。
一度買ってきて数日で亡くなってしまったうさぎがいたのもあって、今回は慎重に、慎重に。
触りたいけど我慢。抱っこしたいけど我慢。
我慢って大変!
でも指を近づけると匂いを嗅ぎにきたりしてくれます。(しらんぷりのことも多いけど)

ゆきちゃん、これからよろしくね。

  
c0137497_17191981.jpg

[PR]
by luceannejulie | 2014-12-08 17:21 | ゆきちゃん

Téléthon

毎年この時期になるとTéléthonといって、ミオパシーなどの病気の子達への募金の一環として、いろいろなアソシエーションで催しがあって、娘達の通っているバレエ教室でも公開授業としてテレトンがあります。親は、子供が踊っているのを見れる代わりに、募金をします。

ただ、三女ともなると、親の私もなかなか腰があがらなくて、
「るーがいるから大変だし、ごめんね。行けないなぁ」
とあれこれ口実をつけては省略しがちなダメダメ母。
断っても執拗にだだをこねたりしてこないものだから、そのままにしてしまうことが多くて、自分でも内心とても悪いなぁとは思っているのです。
バレエは長女が、音楽は次女が。今まで右や左へ飛び回っていたこともあって、三女のこととなると、まぁいいか・・・・となってしまうのですね。

ほんとそれは子供にとってはやってはいけないこと。
でも、四人もいるし。なんて自分にも言い聞かせて、ちょっと正当化してるところもあったのは事実なのです。
ほんと、申し訳ない。

今回のテレトンも、パパにチラっと見に行ってもらうつもりですませようと思っていたのだけど、一念発起して息子も連れて行くことにしました。
そしたら、娘の嬉しそうなこと!
満足気で、ニコニコ顔で。

あぁ、やっぱりそうだよね。
しつこく言わないけれど、本当はとーっても来て欲しかったのだよね。
と思ったのです。

息子もなんだか嬉しそう。

もうちょっと気にかけてやらないといけないなぁ。
四人姉妹の三番目だった私の祖母のことをふと思いました。

あ、衣装はこの日限りで好きなものを着れるということで、引越しですべての衣装を屋根裏にしまってしまい、すぐに出せるところにあったのがこのフラメンコの衣装だったので・・・
私の両親が、長女が今の三女くらいの時に、スペインのフラメンコの衣装専門店で買ってきてくれたものです。
こんなところでまた日の目をみるとはね。^^


c0137497_20170403.jpg
c0137497_20173443.jpg
c0137497_20180174.jpg


[PR]
by luceannejulie | 2014-12-05 20:20 | りんりん