<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

時間が癒してくれる傷

今日は私の高校、大学時代の親友の命日です。
あれから8年。
毎日青い空を見上げては涙が溢れてきたあの時のこと。
きっといつまでも忘れない。

沢山苦しんで、心底傷ついて、こんなにも遠くにいる私を頼りに何度も電話をくれた彼女の声は、8年経った今でも鮮明です。
もう会えないと思うことが未だに悲しくてやるせなくて。

引越しの荷造りをしていたら出てきた彼女からの手紙や写真達。
まだゆっくり読める気持ちにはなれないけれど。

これからも、ゆっくりと傷を癒していければいいよね、きっと。

c0137497_22554878.jpg

[PR]
by luceannejulie | 2014-04-30 22:51 | 日々の泡

時間限定の四人家族

週末から2週間の復活祭のバカンスに突入しました。

また?!

と母と父に言われるのですが。

はい。またです・・・

上の二人のお姉ちゃん達は1週間、イギリスにホームステイに行きました。
なので、1週間だけ四人家族。

もう静かすぎて怖いくらいです。
しーんとしています。
一人でも欠けると恐ろしいくらいに空っぽな気持ちになるのに、二人欠けるとこんなにも?というくらいに。笑

たった1週間だけれど、いろいろなことを吸収してきて欲しいな。

c0137497_634559.jpg

[PR]
by luceannejulie | 2014-04-15 06:04 | 日々の泡

黄色い花の季節

バス通学のお姉ちゃんをお迎えに行くのは夕方の5時。3月最後の日曜日に夏時間になってからは5時はまだまだ真っ昼間の日差しです。

バス停まで大人の足だと5分弱のところ、息子を連れてだと7分くらい。それも寄り道なしでスタスタ歩いた場合です。歩き始めたのがとっても遅かった息子が、ここまで一人でスタスタ歩くようになったことがとても感慨深いのです。歩くことは遅かったし、体が大きくなるのもとてもゆっくり目。生まれた時は4kg近く、身長も53cmで、姉弟の中では一番に大きく生まれたのにね。医学的に伸びない理由が見つかったので「あぁ、納得」だったのだけど、マイペースでいい、彼なりのペースで元気に成長して欲しいと願っています。話始めると長い成長のお話。今回はこれくらいでやめておこう。でないと終わらないから。

今の季節、フランスの上空を飛ぶと黄色い四角の絨毯が至る所に見えるはず。
菜の花畑の絨毯たち。
我が家の周りも黄色いお花がたくさんです。とうに私の背を追い越して、ちょっとバスに遅刻しそうな時も、走ってる姿が運転手さんから前は見えたはずだけど、今は全く見えません。遅刻できません。

c0137497_14485916.jpg
c0137497_1450236.jpg
c0137497_1451519.jpg

[PR]
by luceannejulie | 2014-04-11 14:53 | 日々の泡

ポワソンダブリル

poisson d'avril。4月の魚。

フランス語でいうところのエープリルフールです。

お姉ちゃんにいたずらされてお魚が背中についてますよ。そこの坊や。

あれ?尻尾がなくなってしまったお魚ですね。

この日一日は学校の先生も一緒になって騙しっ子や背中にお魚ぶらさげて歩いたりしています。

抜き打ちテストのふりしてpoisson d'avrilとか、あったよね。

c0137497_15512934.jpg

[PR]
by luceannejulie | 2014-04-09 15:50 | 日々の泡

15歳

二番目の娘が3月の最後から二番目の日に15歳になりました。

あれから15年。

今の家に越してきたのも15年前のこと。

あなたの今までの人生はここが全てだったのだなぁ・・・

祖国から遠く離れて暮らす私にとってはここはまだまだ異国。もうすぐで日本で生きた時間とここで生きてきた時間が逆転する日が来ます。その時もやっぱり今の気持ちと大して変わらないのだろうとやっぱり思うのです。どうしたって切ない気持ちは拭えないのです。祖国とはそういうものなのでしょうね。

おめでとう。おめでとう。これからもあなたらしく。目標に向かって頑張る姿を応援しています。

c0137497_6581035.jpg

[PR]
by luceannejulie | 2014-04-08 07:00 | ゆゆ

初めてのガールフレンド

先週の話になってしまったけれど、とあるご縁で偶然知り合うことができた日本のお友達が、遊びに来てくれました。
息子とお嬢さんは1週間違いくらいで生まれた同い年。

温室育ちと(母から)呼ばれているひ弱な息子とは真逆の、とっても元気でいつでも走り回っているようなクリクリの髪の毛がチャームポイントの女の子。
2歳半。あと半年で入園の二人だけど(Jちゃんはもう保育園に行っているから息子よりお姉ちゃんだけどね)、まだまだ一緒に仲良く遊ぼうね☆というお年頃ではないわけで・・・
それでも同い年の子とこうして遊ぶことがとてもいい刺激になっていることは確かだと思います。

Jちゃんの名前を耳にするとすぐに反応する息子。初めてのガールフレンドだもんね♪

また遊びに来てね。いつでもお迎えに行くから!

c0137497_5531452.jpg
c0137497_5535941.jpg

[PR]
by luceannejulie | 2014-04-03 05:57 | るる

トモダチ

ある日娘が夜ふと口にした。「あ~楽しかったな~。早く明日もやりたいな~」

なにが楽しかったの?と聞くと、お休み時間にお友達と鬼ごっこをやったことだという返事。

それなのに、翌日浮かない顔をしてバスから降りてきたのでした。

「A君が、L(娘)は足が遅いから、悪いんだけど一緒に遊べないよ。と言うの。だから今日はお休み時間がある度にずっと一人でぶらぶらしてたの」

心の奥がズキンって言った・・・
確かに聞こえたよ。お母さんの心の奥でね。

娘の親友のAちゃんは、幼稚園の時から娘のことが大好きで、今まで喧嘩をしたことすらなかったけれど、今回のことでどう反応してるのかなぁと思っていたところ、翌日、娘がにこにこの笑顔でバスから降りてきました。

「Aちゃんがね、「それなら速く走れるように練習しよう!」って言ってくれてね、お休み時間に走る練習してるの。そしたらね、足の速いA君を捕まえられたんだよ!」

あーよかったね・・・。
ほんとのトモダチがいてよかったね・・・。

このくらいの年頃の子供というのは、実はとても残酷なものです。どんなに仲の良い親友だって、こういう時に「練習しよう」と言ってくれる子は多くないはず。大切にして欲しいなと思いました。

今までズボンが嫌いで、できればいつもスカートやドレスを着たがる子だったのに、この日から「学校に行く時はできるだけレギンスとTシャツがいいな」ですって。
速く走れるそうです・・・いくらかは。笑

もうすぐ復活祭。
復活祭にちなんでうさぎ柄のコットンテイルでふーこさんの「リラックスワンピース」のシャーリングなしを縫いました。
本当はゴムをつけるつもりでいたのですが、娘からのリクエストでこのままがいいな♪というのでゴムなしで。シャーリングが入った方がかわいらしい感じに。なしだとシンプルで大人しい雰囲気になるかな。
庭のミラベルも満開です。
c0137497_753549.jpg

c0137497_76386.jpg
c0137497_772461.jpg

[PR]
by luceannejulie | 2014-04-02 07:09 | りんりん