カテゴリ:るる( 17 )

4歳児の林間学校

4月半ばからいろいろなことでバタバタしていた我が家。
記録に残しておきたいと思うことが沢山あったのだけど、なかなか時間がとれず気づけば6月になっていました。
6月といえばフランスは学年末。
毎度のことながら超ドタバタな時期で、今年も例に漏れず。
そんなこんなでなかなか皆さんのブログにも遊びにいけなくて・・・・

4月末のイースター休み明けは、息子のクラスが2泊3日で林間学校に行きました。
3歳~4歳児のクラスがです。
子供は全部で15人程度なので大人数じゃないし、付き添いのお父さんも2人。
先生と、お手伝いのマリア入れて大人は全部で4人。

行き先は、幼稚園から車で30分くらい走らせた、何もない田舎の村にある、子供たちのヴァカンス施設。
昔の領主の館がヴァカンスセンターになっていて、とても贅沢な条件でした。
たった15人程度で、車で30分ということもあり、行きも帰りも親が送り迎えすることが条件で、村からの援助と先生が企画してくれたトンボラ(くじみたいなもの)のお陰で、1人たったの30Eの参加料。ありがたや~

ただ、何といってもまだまだちびっこだから、我が家でも数ヶ月前から息子にお泊まりのことを何度も言い聞かせてきました。
幼稚園でも先生が沢山お話してくれてたみたいで、息子は1ヶ月切ったくらいからもう毎日のようにお泊まりを心待ちに。
でも、4歳児ですから当日の朝になって「行きたくない」なんて言い出しても全然おかしくないシチュエーション。
実は、息子を送り出すまでドキドキしていました。

結果、心配無用。(笑)

お迎えに行ったらもちろん再会を喜んではくれたけれど、それ以上にお泊まりはとっても楽しかったそうで、まだまだいたい。帰りたくない。というのが息子の本音でした。
ママがいなくても、お友達も先生もいたからぜんっぜん寂しくなかったのだそうです・・・
母さんは寂しかったけどね。

そういえば、出発前に、「ママ、るいはmercredi(水曜日)には帰ってくるからね。寂しくないからね」と何度も慰められたっけ。

林間学校のテーマはサーカス。
いろいろな曲芸をその道のプロの人と練習するというものでした。
お迎えに行った日、みんながそれぞれ披露してくれて、本当にかわいかった。

こんな素敵なお泊まり会を企画してくれた先生に本当に大感謝です。
そんな先生、くたびれ果てて、もうお泊まりは勘弁!ってきっとおっしゃるのではと思ってたのだけど、「楽しすぎてもっともっといたかった」ですって。先生すごい、すごすぎ!

c0137497_18300081.jpg
c0137497_18310237.jpg
c0137497_18313909.jpg
c0137497_18323777.jpg
c0137497_18332446.jpg



[PR]
by luceannejulie | 2016-06-09 18:35 | るる

カーニバル

昨年のカーニバルの直前、園の半分の子が水疱瘡になって、もれなく息子も洗礼を受けました。
だから、幸か不幸か不参加で済んで実はホッとしていました。
なぜって、息子は仮装がしたくないのです。
何度言ってもノンの一点張り。
誰に似たのか、本当にロバのように頑固な子なので、どう説得しても嫌なものは嫌なのです。
だから、カーニバルに参加しなくていい正当な理由ができて、実は助かったと言ってもいいくらいでした。

はてさて今年はどうしたものか・・・と実はかなり前から悩んでいたのですが、男の子が好きそうなスパイダーマンとかスターウォーズとか、いろいろ提案してもどれも息子に却下され続けてきました。
なら、普段着でいけそうなものをアレンジすれば・・・と思って、最初はジーンズのサロペットと赤いTシャツでマリオ・・・と思っていたけれど、それも頑なに拒否。

うぅぅぅ・・・どうしたらいいのっ。と半分投げやりな気持ちになっていた時、お友達の子がとてもかわいいミニオンの帽子を被っていて、サロペットも黄色いTシャツ、セーターならあるし、黄色い帽子を何とかミニオンにすれば!となって、息子をどうにか説得しました。

かぎ編みは苦手で、正直メチャクチャな出来なのですが、何とかミニオン帽子の出来上がり♪

幼稚園に行くと、やっぱりみんないろいろな衣装を着ていて、うちの息子だけ「ザ・普段着」・・・汗
でも、まぁ、これで来年まで衣装で頭を悩ませなくてよさそうです。よかった。


この木の棒のおもちゃは、1、2、3好きな数の棒を取っていき、最後に1本だけ残った人がまけ。息子の超得意なゲームらしく、先生が「これ、負けたことないのよ。絶対いつも勝つの」って教えてくれました。

c0137497_00394071.jpg
c0137497_00353148.jpg



c0137497_00362481.jpg

[PR]
by luceannejulie | 2016-04-12 00:41 | るる

突発疹?!

そういえば、記録として残しておこうと思っていたこと。

4歳になるちょうど1週間前。夕飯の時間にふと息子が熱があることに気づきました。
でも熱だけで全く他の症状はなく。大抵は鼻が出たり、咳がでたり、喉が痛かったり・・・となるはずなのだけど、あるのは熱のみ。
しかも結構高熱。

ちょうどその日は火曜日の夜で、翌日水曜日は幼稚園がお休み。
木曜はきっと熱も下がって幼稚園に行けるだろう、くらいに思っていたのに、全く熱がさがらない。
それが金曜日まで続きました。
そして、金曜日の夜。
熱が下がってきたと思ったら顔や上半身に発疹が。

ほんの少し「もしや突発?」とは思ったのだけれど、もはや突発にかかったことすら記憶にない状態。
しかも、突発と言ったら、よく言うのは赤ちゃんが最初にかかる病気の代名詞みたいなもので、実際私もそうだったらしい。
4歳目前にさすがに違うよな~と思ってたら・・・この結果でした。

この年で突発と言うと皆に「え?今更?!」って反応が返ってきたけれど、絶対かからないってものでもないし、たまたまそれがうちの息子だったということなのね・・・

生まれて1ヶ月にもならない内にひどい風邪を家族に伝染されて、恐ろしいキネ通いをした息子が、あの突発にはかかっていなかったのです。
うまく擦り抜けてきたんだなぁ。

いろいろ調べてみると、感染力の高い水疱瘡などと比べると、突発は感染力は低いらしい。
そして、大体の感染源は、親の唾液などだそうです。

c0137497_22411974.jpg


[PR]
by luceannejulie | 2015-12-08 22:43 | るる

初めての誕生会

お姉ちゃんたちも最初の誕生会は年中さんから。
だから息子もそうしてあげないとと思って頑張って誕生会を計画しました。

小学低学年くらいまでは、親がいろいろ考えて遊びを企画しないともたない2~3時間。
男の子はやっぱり女の子より大変。
何が大変って、やっぱり動くスケールが全然違うっ!
特に息子の一番好きな男の子は、よくいる典型的なザ男子☆
いい子だけど、お家に招待するのはなかなか大変な相手だと今回判明しました。笑

それもそのはず、年少さんの時は、息子はその子があまり好きじゃなくて、なぜかと言うと、しょっちゅう押されたりしてたのだそう。
親としては「こういう普通にザ男の子☆と仲良くなって、もうちょっと男らしくなってもらいたいな・・・」と思っていたけど、何度言っても「押すから嫌い」「転ばされるから嫌い」と息子。

それが、年中さんになって急接近。
多分、去年もその子は決して悪意あって押したりしてたんじゃないのだと思うのです。
息子と遊びたくて、でも、うちの息子は軽くて小さいし、ちょっとした弾みで押しちゃって・・・なんて展開だったんだろうなぁ。
だから、年中さんになって仲良しの男の子ができて、母は素直にとーっても嬉しかった。

女の子たちもこれまたとても聞き分けのいい子が多くて、よくよく振り返ってみたら、意外と楽ちんな誕生会だったのかもって思います。

宝探しの用意は夫の担当。
会社の部下の女性(男の子二人のママ)から小道具なんかも借りてきて、前日必死になって用意していました。
これも大成功!

日本のヨーヨーを作るセットなんてのも家にあったので、ベビーバスにヨーヨー浮かべてみたり。
自分が子供の時に母が作ってくれてとても嬉しかった、お菓子を入れる箱をつくったり。

息子の誕生日が終わったと思ったら、今度はあっという間に三女の誕生日がやってきます。
師走はケーキ作りに忙しい!

c0137497_04360119.jpg
c0137497_04344655.jpg

c0137497_04352002.jpg
c0137497_04420889.jpg


[PR]
by luceannejulie | 2015-12-05 04:42 | るる

4歳になったよ

もう1ヶ月も前のことだけれど、息子が4歳になりました。
待ちわびていたこの日。
リクエスト通りいちごのショートケーキを作りました。

ここ一年、息子相手にかなり手こずっていた私だけれど、最近少しずつそれが解消されてきました。
本当に気に入らないことがあるとすぐに号泣する息子が、このごろはその回数が減ってきたし、泣いてもすぐにパっと泣き止んだり。
「泣くのは赤ちゃんでしょ。るるはお兄ちゃんだもん」なんてことも言うように。
泣きたいけど我慢している時はギュっと抱きしめてやるとすーっと絡まっていた糸が解けるかのように心も穏やかになっていくのが分かります。

年中さんになって男の子の大好きなお友達もできて、幼稚園ではいつも5人のお友達と遊んでいるそう。
お姉ちゃんたちよりゆっくりペースだったフランス語も、どうやら思っているより理解している様子。
幼稚園の先生からは何にも言われないから、きっと大丈夫なのでしょう。笑
でも息子は家では日本語で、園ではフランス語。というのをしっかり自分自身で決めているみたいです。

c0137497_23274156.jpg

[PR]
by luceannejulie | 2015-12-04 23:29 | るる

Legoっ子

オットが子供だった時代は今ほどおもちゃに溢れた時代ではなくて、男の子だったらプレイモビルかレゴ。
オットのお母さんである私の義母は、むやみやたらにおもちゃを与える人ではなかったから、多分、オットと義兄はそれほど沢山のおもちゃはもっていなかったと思う。
そして、何から何でも取ってある人なので、昔のものは屋根裏へ行けば大抵がほとんど残っている。

そんなオットと義兄はレゴ派だったらしい。
我が家の三女はそんな二人に似てとてもレゴが好きだ。
もうここ数年ずっと、誕生日やクリスマスはレゴ。
それも、最近は女の子用のレゴフレンズというのがあって、それが大人の私からみてもなかなか可愛い。
とてもよくできている。

息子にはまだちょっと早いかなーと思いつつ、ポリスシリーズの一つを買ってみた。
意外とパーツが沢山入っていて小さくて、やっぱりまだちょっと無理かな・・・という印象だったのだけれど・・・

説明書を順番にめくって、かなり正確に組み立てていけることが判明。
オットが言った。

「男の子だからね!お人形遊びは上手にできなくてもレゴは男の子の得意分野なんだよ」

ふーん・・・得意分野なんだ。

ところで、フランスは只今秋休み真っ最中。
年中さんになってから幼稚園が楽しくて仕方のない息子は、早く幼稚園に行きたくて毎日カウントダウンしている。
2週間もお休みがあるって知らなくて、来週の月曜日になったら行けると思っていたから、まだまだお休みだって分かってかなりがっかりな様子。
幼稚園でフランス語の曜日を毎日教えてもらうらしく、すっかり曜日オタクになりました。

月曜日、火曜日幼稚園行って、水曜日は行かないで、木曜日、金曜日幼稚園行って、土曜日は朝だけで、日曜日はお休みで、巡り巡ってまた月曜日で幼稚園行って~としつこいくらい。私はお休みになると曜日感覚がなくなってしまうのだけど、息子がしっかり教えてくれるのでこのお休みは「今日って何曜日だっけ?」とボケることがありません。
そして、一年が12ヶ月あるということも分かったみたいで、12月が終わったら1月になって、2月になって、3月になって・・・・♪夏になったらまた日本!そしてその後は年長さん!なんて言うのだけれど、まぁ、それはまだまだ先だよ。だって君、年中さんになったばかりだもの。


c0137497_04142186.jpg
c0137497_04150132.jpg
c0137497_04162402.jpg
今年のかぼちゃ。これ以外にもう一つ大きいのができました。


c0137497_04183181.jpg




[PR]
by luceannejulie | 2015-10-24 04:36 | るる

poussins

息子の園でひよこが4羽生まれた。
人工的に卵を孵したのではなくて、親鳥の一羽が何日も何日も卵を温めて。
お母さんの温かいぬくもりで、こうして卵が一つの命として誕生するなんて・・・
ひよこが生まれたなんて、普通の平凡なことのようでもあるけれど、やはりとてつもなく神秘に満ちたことなんだなぁ。

私が小学生だった時、飼育係の当番の時に鶏が卵を産むと、順番にもらえるようになっていて、それを機械に入れて運がよければひよこになって自宅へ持って帰ることができた。
私はその運のよい一人だった。
大抵は、ひよこにならずに卵のままだったり。
ひよこになっても機械の後ろに落ちて死んでしまったり。

でも、ピーキちゃんと名づけられたそのひよこは、ある夏の日に、猫に襲われていなくなってしまった。

ひよこはいつまでもひよこのままではいてくれない。
いつかはとさかなんかも出てきて、可愛いひよこからちょっと凶暴っぽい鶏へと変身してしまう。
だから当時、東京という大都会に住んでいた私は、「ピーキちゃんが大きくなって鶏になってしまったらどうしよう・・・」と真剣に悩んでいた。
結果的には鶏になることなくあの世へ行ってしまった。

またいつか、ひよこを飼ってみたいと思うものの・・・やはり鶏になってしまうと困るという思いが先走るのだった。

息子が持って帰る卵の黄味は、恐ろしいほどに美味しい。
美味しい卵というのはこういう卵のことを言うのだなと深く納得したのでした。

鶏さんたち、ありがとう。
いただきます。

c0137497_07002479.jpg
c0137497_07011466.jpg


[PR]
by luceannejulie | 2015-10-12 07:05 | るる

幼稚園の家庭菜園

息子の幼稚園では自家製の家庭菜園とひよこから育てた鶏たちがいます。
その家庭菜園の収穫を夏休みが終わって園が始まってからおすそわけでいただくことが。

家庭菜園は園の外にあって、教会の目の前にあるのだけど、息子はいつも、遠回りしてこの菜園を見て帰るのが好きです。
きっと他の人たちは「なんで遠回りしてるんだろうー」って思っているはず・・・
ほとんどの子は車で通園なのだけど。
(今年は徒歩通園は息子ともう一人だけかも)

でも、遠回りして帰るといいことがあります。
村の庭師のおじさんが、「トマトもってくかい?」と言って息子にくれるのですよ。
母がバーベナが大好きで、おじさんにどこの種がいいかとか聞いてみたりして、ほほーあそこのはよくないのね?ここがいいのね?とかちょっと嬉しい情報も教えてもらうことができました。

昨日は大きなかぼちゃを園児皆で山分けでした。
これはポタージュ用。
息子は「天ぷらにして!」と言いますが・・・このかぼちゃは天ぷらにしてもおいしくないのよ。

そして、ひよこから育てている鶏ですが、こちらがたくさんの卵を生むとっても優秀な鶏さんたちで、9月のうちで既に息子の分として12個ももらってきました。
普通に市販されている卵より小ぶりのかわいい卵たち。
最初にもらってきた卵は、息子のために目玉焼き。後はクレープで。

年中さんになった息子は、いままで甲斐甲斐しいほどにお世話してくれていた一つ上の子たちがいなくなり、そんな束縛から完全に開放されて、毎日のびのびと楽しく過ごしているよう。
お世話してくれるのはありがたいのだけど、本人がそれを望んでいなかったのだから、こちらとしては有難迷惑以外の何ものでもなくて・・・(笑)

今まで男の子では大好きな子がいなかったのだけど、年中さんになって、一人とっても大好きな男の子のお友達ができたそうです。
毎日遊ぶのはどうやら同じ子だけ。
三人の女の子と、息子とその男の子です。

今まで一番ちびっこだった息子も、もっと小さい子が入ってきて見た目もかなりお兄ちゃん風。
あと1ヶ月で4歳です。

c0137497_21473514.jpg


c0137497_21491711.jpg


c0137497_21505182.jpg


c0137497_21533688.jpg

[PR]
by luceannejulie | 2015-10-02 21:55 | るる

初めての母の日プレゼント

5月の最後の日曜日、フランスでは母の日でした。
フランスの幼稚園で作ってくるものは、どれもセンス溢れた素敵なものが多くて、え?これ作ったの?と思うようなものもあったり。
長女が初めて幼稚園で作った母の日のプレゼントも今でも大切にとってあります。

年少さんの息子も、今年初めて母の日のプレゼントをくれました。
なんだかとーっても大きな白い紙袋を渡された・・・と思っていたのだけど、中身はそれほど大きいものではなかった。笑

c0137497_17513628.jpg

母の日と言えば恒例の手作りカードに、息子がペイントした鉢にバジルの苗でした。
インテリアの一部にしても可愛い鉢に、思わずふふっってなってしまって、最近の息子にはよく手こずらされているけれど、それでも可愛くて仕方がない。
右と言えば左と言い、下と言えば上と言い、黒と言えば白と言う。
本当に全てが逆さまでありたい息子。
分かることも分からないと言ったりして、こっちは思わずぷっと吹き出してしまうことも。

そういえば、先日、幼稚園の門のところで開くのを待っていた時、同じクラスの女の子が近くにいて、ふとみたら髪の毛の中に白いポツポツがたーくさん!
え?!?!もしやこれ、あれ?!
なはずないよね?だってこれありすぎじゃない?!?!
と一人自問自答していたのですが、誰もいないところで幼稚園の先生にチラっと聞いてみました。
そしたら「NONと言わないってことはOUIってことよ」って言われて・・・
はぁ・・・つまり、OUIってことなのね?と。

えーーーーっ。あれ、やっぱりそうなの?!?!
た・・・大変っ。と思って息子の頭を夜しっかり検査。
何もない。よかった・・・

そうしたら、次の日のこと。
別の村にある小学校に通う娘が「るーちゃんの頭にシラミがいるって本当?」ってMちゃんに言われたんだよ。
で、あるのはるーじゃなくて、Vちゃんだよ。って答えたそうなんですが・・・
そんな誤解があるなんて、ちょっとかなりショックでした。
娘にしっかり説明するようにお願いしておいたのだけど、ちゃんと言えるかな。
Mちゃんは、息子の一番仲良しの女の子Eちゃんのお姉さんなのです。

はー小さい社会とはいえども幼稚園、いろいろあるのね・・・
しかし、フランスにお住まいの皆さん。お子さんの頭はいくらしっかり綺麗にしていても定期的なチェックは大切ですよー
フランス人、専用シャンプーすればそれでOKと思っている人が多くて、卵が髪についていてもそのままの場合が多いんですよ。
私は、絶対に「しらみつぶしに全て手でとっていかないとなかなか完全除去できない」と思っているんですが・・・

母の日の話が全く別の話になってしまいました・・・^^;

お姉ちゃんがいつでも絵を書いていたのと違って、息子はそれほど絵が好きじゃないみたいで、それでも最近たまに絵を書くようになりました。
これは太陽。
手が小さいし、クレヨンや鉛筆をもつのがちょっと大変なのだけど、名前もしっかりかけるようになってきた。
先生が幼稚園でやった作品に必ず名前を書くのを見て、自分で書きたくなったのがきっかけです。
2月ごろくらいからかな。

c0137497_17523610.jpg
c0137497_17544112.jpg


[PR]
by luceannejulie | 2015-06-04 17:57 | るる

男の子ってのは・・・

ほんと、男の子ってのは怪我がつきないですね。
特に落下事故。
うちの息子、端から見たらかなり行動的に大人しい男の子の部類なはずなんですが、しょっちゅう落下事故おこしています。
一番ひどかったのは階段を素っ裸でほとんど全部落ちたこと。
でも驚いたことに、その時はほとんど無傷で済みました。

期間限定で3人家族になった我が家ですが、昨日の夜は静かで恐ろしいくらいでした。
ふと私が背を向けていた瞬間に、落ちました。
はい。
しっかりばっちり、前々日駅で大好きな長靴履いて、走って転んで作った生傷のところ、直撃。額です。
あっという間に恐ろしいくらいの瘤ができ、滅多に病院には行かない我が家なのですが、今回は緊急に直行しました。
あぁ・・・よかった。オットがいる時で。

意識もあるし、吐いていないし、大丈夫だろうとは思ったけれど、頭。頑丈とはいえ、やはり心配でした。
待つこと1時間でしたが、先生にも大丈夫と言ってもらい、夜9時帰宅。
一緒に寝ることはしない我が家ですが、その日だけは特別。
長女がいないのをいいことに、セミダブルの長女のベットで私と息子、ぬくぬくと一緒に寝ました。
 
先生に言われた一言。
これが最初の落下でもないし、最後の落下でもないよ。
このくらいの子はこれから何度もきっと落ちることがあるはず。
でも、吐くのを繰り返したり、意識がないとかでなければ大抵は心配ないから。との言葉を頂き安心したのでした。

上のお姉ちゃんたちではこんなに怪我をすることがなかったのに(思えばすべてが園や学校でのもらい事故。しかもほとんどが男の子)、男の子っていうのはやはり根本からして違うのね。
昔お隣に住んでいた男の子4人のいる家族をふと思い出しました。
そのうちの一番元気な男の子が、ある日風でバン!と閉まったドアに手を挟み、指が落ちてしまったことがあります。

毎日の生活でも起こりうる大事故にこれからも気をつけていなければ。
男の子を育てたことのないオットは、どこへでもよじ登る息子をしょっちゅう注意するのですが、私は「男の子だし、もっと目をつぶってやる方がいいのに」と思っていた矢先で。
いろいろ難しいですね。

娘に作ったリラックスセーターが息子にちょうどよくなってきました。(この晩に落下事故で病院直行したのです)

c0137497_18113259.jpg



[PR]
by luceannejulie | 2015-04-21 18:14 | るる