La Bien Aimée

ラベリーでいつも素敵な作品を作られているsatokichiさんと、フランスの手染め糸の話になって、La Bien Aiméeさんが気になってらっしゃるとのこと。
実は、La Bien Aiméeさん、パリで喫茶店兼毛糸屋さん兼ニットカフェみたいなものを経営されていて、先日2月に父がどうしても行きたいと言った、パリのうずらヶ丘にあります。
父は職業柄なのか探偵小説が大好きで、今回もある一冊の本を元に、パリをひたすら歩かされました。
もちろん、架空の話なので、本に書いてある通りのものが見つかるなんてことは稀で、だから一日ひたすらない目標物に向かって歩くので、相手をしなくてはいけない私や母はいつも「もう勘弁」って思ってしまいます。

父の話は置いておき、そういうわけで、つい先日うずらヶ丘を散策していた時、偶然見つけたお店がLa Bien Aiméeさんのお店L'Oisivethéでした。
このお店、名前はよく知っていたし、会員登録も引越しをする前からしていたので、まさかこんなところにあるとは!
本当は中に入って毛糸を拝みたかったけれど、実はこの数日後に、先日紹介したノルマンディーの毛糸屋さんへいく予定だったので、今回は足を踏み入れずに帰りました。(今更、ちょっと後悔)

最近流行中の斑にちりばめられた可愛らしいペイント模様の毛糸がちょっと手にしてみたくて、4月のショップオープンの際に注文してみました。

ノルマンディーのお店より色が可愛らしいものが多く(店長さんがどうやらピンク好きらしい)、お値段も高めな印象。merino singlesはmadelinetoshのメリノライトに似ているけれどもう少し細め。ultra merinoはとても柔らかくモチモチした感触で、malabrigoのarroyoに似ていると思いました。

左から、
merino singles Tickle
merino singles Paisely
ultra merino Driftwood Graffiti
ultra merino Loam

次回ショップオープンは5月10日だそうです。
c0137497_17383431.jpg
c0137497_17395567.jpg
c0137497_17403623.jpg
c0137497_17415992.jpg
c0137497_17430878.jpg
c0137497_17434491.jpg


[PR]
by luceannejulie | 2016-05-03 17:50 | ハンドメイド
<< 教会コンサート カーニバル >>