後ろボタンワンピース

大好きなFUーKOさんの本から、第一作目。本当は娘からボートネックの方をリクエストされたのだけど、本の生地と同じような色のストライプが手持ちの布にあったので、まずは後ろボタンワンピースを作りました。本当は本のようにリネンを使ったらもっと素敵に仕上がったのだと思うけれど、今回使用したのはダブルガーゼ。FUーKOさんのような素敵な仕上がりになるか一抹の不安もあったのだけれど、ダブルガーゼでも意外と可愛くできました。
なによりとっても肌触りがいいので、娘も着ていて気持ちがいいそうです。よかった。

後ろの切り替えとか、ポケットとか、そして首まわりの手縫い部分とか、ちょっと手間がかかるけれど、これをきちんとすることでこのドレスのよさがでるのだなぁと作っていて思いました。

先週のこと。
一生忘れないであろう、とてもショックなことがありました。
直接傷ついたのは私ではないけれど、とても大切な人が心に深い傷を負ってしまった。
私も同じように傷ついて、その人が自信をなくし喪失感に襲われていることを思うことがとても悲しかった。何をしていてもそのことが頭から離れなくて、悲しくて、悔しくて、神様は時に非情すぎると思いました。最初の夜は目を閉じていても眠ることができず、そのまま朝を迎えてしまった。
しばらくミシンを踏むことすら考えられないと思ったけれど、そんな時にこの本が届いたのでした。

悲しい気持ちが消えてなくなったわけではないけれど、FUーKOさんの本を見て、とても縫いたくなったのでした。
ミシンを踏んでいる時は無心になって、その日はただこのドレスだけを想って、夕方学校から戻ってくる娘に早く着てもらいたくて。
気づいたら息子のお昼寝中ひたすら縫っていました。(息子のお昼寝、3時間なんですけれどね。)

完成した時は、嬉しい気持ちと悲しい気持ちが入り混じった、不思議な気持ちでした。
きっと、このドレスは私にとって忘れられない一枚となるだろうなぁ・・・
c0137497_5542973.jpg


c0137497_55531100.jpg

[PR]
by luceannejulie | 2014-03-12 05:56 | ハンドメイド
<< 色 19世紀の家に住む >>